【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
インセプション

盗むのは、おまえの 〈アイディア〉
他人の頭の中に侵入してアイディアを盗むプロフェッショナル集団
今、絶対不可能なミッションが始まる

ディカプリオ主演作品としては『シャッターアイランド』に次いで好きな作品。
映画館でも見たんだけれど、その時は映像の凄まじさに圧倒された記憶がある。

まず、夢の中で夢を見るという〈アイディア〉が面白い。
夢という誰もが共有できる題材を「巧みに」使ったなあというところ。
夢の中だからできることとか、時間の感覚が違うとか、
ありきたりなんだけれど図抜けた映像美が隠してくれているのかな。

もう少し「夢の中でのルール」にフォーカスしても良いかなと思ったりもした。
明晰夢では①振り向けない➁鏡を見れない③スイッチをON/OFFできない、みたいな(笑)
下手に説明しない方が良かったりもするからあんまり無責任なこと言えないが。
夢か確認するためのトーテムとか意味あるのかよくわからんかったな。

最後に、『シャッターアイランド』と類似点があるのが面白い。
特に調べたりしていないから監督が違うってことくらいしか追ってないが。
類似点については検索すればたくさん出るので割愛。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

ファイト・クラブ

不眠症に悩む若きエリートのジャック。
彼の空虚な生活は、謎の男タイラーと出会ってから一変する。
自宅が火事になり、焼け出されたジャックはタイラーの家へ居候することに。
「お互いに殴り合う」というファイトにはまっていく二人のもとに、ファイト目当ての男たちが集いあうようになる。
そして秘密組織“ファイト・クラブ"がつくられた!

Blu-rayで購入。
この作品は小学生の頃に見たっきりだから20年ぶりくらい。
個人的にはデヴィッド・フィンチャー作品は大好きという感じではないかなぁ。
名作だとは思うけれど。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

L.A.コンフィデンシャル

50年代のロサンゼルス。
ダウンタウンのカフェで元刑事を含む6人の男女が惨殺される事件が発生した。
ロス市警のダドリー・スミス警部の指揮のもと、刑事たちは捜査に動き出す。
殺された刑事の元相棒バドは殺された女と一緒にいた謎の高級娼婦、リンに接近する。
華やかなスター刑事のジャック、野心家の若手刑事エドも参戦、事件は解決したかに見えたが三人は予想もしなかった巨大な陰謀に巻き込まれていく……

L.A.コンフィデンシャル 製作20周年記念版を購入。
10周年記念のDVDも10年前に発売していて、そっちのパッケージのほうがかっこいい。
この作品を最初に見たのはちょうど10年くらい前だったと思う。
雰囲気だったり音楽だったり、根強いファンがいるのも納得の名作だと思う。
Blu-rayだからなのか不明だけれど、キム・ベイシンガーはけっこうキツい(笑)


にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

明日に向って撃て!

実在したアウトロー、ブッチとサンダンスが銀行強盗を繰り返すなかで夢を追い求めて自由奔放に生き、それ故に時代に取り残されていく様を、
「スティング」「ガープの世界」等、名作を作りつづける名匠ジョージ・ロイ・ヒルが時にユーモラスにまたシニカルに描いていく。

名作をBlu-rayで購入。
ポール・ニューマンが出演している映画はあまりたくさん見ていなくて、
一番最近見たところで言うと『タワーリング・インフェルノ』だと思う。
その時はあんまりポール・ニューマンが印象に残らなかったんだが。

この作品はポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが良い演技してますわ(笑)
精鋭8人に追跡されるところとか、ストーリーとしても演出としてもすごく好みだった。
映画史としては、最後のストップモーションが屈指の名シーンということらしい。
たしかに印象として残る演出だとは感じたけれど、当時はより鮮烈だったのかもしれない。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

いと、といと。〜りりあん〜
stage_69538.jpg

Platform#27 リバイバルシアターvol.5
全国ツアー 東京公演
「いと、といと〜りりあん〜」
2017年12月5日(火)~10日(日)
池袋シアターグリーン BASE THEATER

先週の土曜日に見てきました。
池袋に劇場があるのを初めて知った。
この劇団の演劇を見るのは2回目だけれど、演劇の一部を即興でやる面白さがある。
ちなみに、自分が見た回はハッピーエンド回だった。
\2,500のトランプも購入したし、もう立派なファンでしょう(笑)

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

ギジレン歌劇団
http://guizillen.under.jp/08/08.html

ここはギジレン村
愛がすれ違う人間交差点

寿司職人の松さんは鼻をほじる癖をやめられず、
露出癖のある陸上部のエース俊介は今日も全裸で校庭を駆け回っていた……
彼らは皆それぞれが社会に馴染めないおセンチピープル。
行き場を失ってしまった彼らを公園脇のブルーシート・ハウスのブルースマンは祝福する。
俺たちには音楽がある。歌おう。それが生きるってことさ。
希望を見つけた彼らは手を取り合って、
瞳を閉じて、肩寄せ合って、傷つけ合って明日へと駆け出す。
今年の大根はなんだかとってもセクシーだ……

地上にあまねく「うた」に飢えたエンジェルたちに捧ぐ、
ギジレンから少し早めのクリスマスプレゼント。

翼をもがれた天使たちの元にも歌は平等に降り注ぐ……
Let's sing a song, Dance with me.

日曜日は優雅に1人で観劇。
中学時代の行事を除けば、2015年に『REVENGERS』で初めて演劇を見て、
今日で大小合わせて5回目の演劇鑑賞のはず。
そして、実家から比較的近いんだが新大久保駅で初めて降りた。
会場はアトリエファンファーレ東新宿という地下にあるステージ。
けっこう早めに着いたんで、道路を挟んで向かいにあるすき家でカレーを食べて様子見。
開場の20分くらい前には列が出来ていたんじゃないかと思う。

内容だけれど、久しぶりに記事で触れておこうと思ったくらい面白かった。
出オチ級の登場から無理やり話しを進めていって笑いに繋げていったり、
何の脈絡もなく新しい登場人物が出現したりかなりめちゃくちゃ(笑)。
演劇的なメタファー(?)や皮肉も利いていて演者の個性という意味でも魅力的だった。

--------以下、殴り書き----------------------------------------------------------------------------------
まず、ストーリーは冒頭で書いたのと全く違う。
自分の見た回の概要だけ記しておくと、

寂れた村をショー劇場を作って村おこししようという導入があって、
①集客できそうなテーマを提案
⇒②劇中劇に突入
⇒③めちゃくちゃな展開になる
⇒④スリッパで強烈なツッコミ
⇒①に戻る
の繰り返しで、展開はかなり早い。
そのおかげで間延びすることがほとんどなかったのは関心した。
ギャグ漫画よろしく「突然ピストルで人を撃つ」とか「いきなり父親が車に惹かれる」とか。

自分は演劇に特別詳しいわけじゃないけれど、
この演劇みたいなストーリーや演出ってけっこう滑ることが多いと思うのよな。
あるいは観客がついてこれない痛い展開とか(これも滑ってるの仲間だが)。
そんな中で演者の個性と演出とワードセンスで笑いにできるのが凄い。
1日経ったから記憶がだいぶ持っていかれてるけれど覚えてる限りで書いておく。
・バイオリン⇒銃で殺戮⇒オープニング
 自然な導入からの「大丈夫、殺したから」というシュールなセリフで笑う。

・孤児院で一番歌の上手い子が歌劇団に入れる感動作
 実は五反田の風俗店に売られるという設定。
 主人公の少女()が雑巾の絞り汁を盛られてゲロするシーンとかけっこう面白かった。
 公爵(偽物)が自分の役柄を忘れて「あぁ、そういう設定だったな」というシーンが個人的には好き。

・ビジュアル系を題材にした作品
 この段階ではまだ、劇中劇に突入するルーティーンがわかってなくて、
 スリッパで頭を叩くツッコミを入れた人が手をかざすとテクノっぽい電子音が鳴る
 ⇒「逃げようったって無駄無駄、結界を張ったからね」というセリフ。
 魂を抜かれて僕のドールになるか、魂を抜かれて死ぬか~⇒結局、魂は抜かれるのか!
 っていう流れはかなり面白かった。

・超能力を持った女の子が施設から脱走して殺戮を繰り返す話し
 漫画『エルフィンリート』にそっくりの展開。
 成功率30%の手術を受ける少年が、超能力者に殺されてる人を指して生きたくても生きられない人と表現したのは笑った。

以下、割愛するけれどどれも面白かった。
・学校で一番のイケメンが歌をうたうチンパンジー役で飼育員を殺して脱走
・動物を題材にして、猫が人にさらわれる
・メタルの音楽
・田舎の女の子が女優(声優?)のオーディションを受ける
・ラーメン屋
・バイオリンvsギター(バイオリンが警察に捕まるオチ)
・劇中劇ではない学校の話し
・北海道が沈んだ

2時間20分のロードオブザリングくらいの長さ(演者談)だったけれど、
お尻と右脚が痛くなったことを除けば充実した時間だったなぁと。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

indoorレコ発ワンマンツアー追加公演 ~お月様も浴びたい~
詳細は割愛するが、
バイトの先輩/後輩とライブ行ってきました。
俺はまずライブというものに行ったのが初めてで、
曲もひっとつも知らない状態だったんで全く乗れなかったが(笑)
手を挙げてもちゃもちゃやるやつ、伴奏と連動してるから危険とみて控えた。
あと、新曲だと手でもちゃもちゃやるやつ皆やってなかったからこれは慣れか。

専門家じゃないんで論評をするのは差し控えるが、
正統派のバンドって感じですごく良かった。
あと、帰り際にCDは買っておいた。
YouTubeで『色水』を聴いて、良いなぁと思いつつも、
この曲がライブで披露されていたのかわからん。。。


にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

TELLER
広告で目にするアプリ。
暇すぎてインストールしてみた。
LINEの会話で話しが進んでいく形式。
こういう作りは新しいながらも時代を感じる。
ひと昔前の携帯小説に通じるものが。

ジャンルはホラーと恋愛の2種類。
自分はホラーしか読んでないけど、
1つ1分かからない短編がほとんどで、
暇つぶしにはなるかなとは思う。
内容は特別怖いわけじゃないけどね。

ユーザ投稿もできるらしいから期待。
1年後に続いていることを祈ってる。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

101匹わんちゃん

101匹のダルメシアン犬の魅力が満載!家族の愛と絆、勇気と冒険をユーモアたっぷりに描いたディズニー永遠の名作。

ディズニーの中で最も好きな作品。
大人になって改めて鑑賞したら泣けたわ。
有給使ってまで見る必要があったのかは「?」が付くが。。。

場面転換が早くて視聴者を飽きさせないところが凄いと思う。
Blu-rayとDVDがセットになったダイヤモンド・コレクションというシリーズ(?)らしくて、
そこそこ良い値段だったのが辛いところ。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

Suchmos "STAY TUNE"


すていちゅーりんとーきょーふぁいでなーい。
はい、かっこいい。
10代には新しく、おっさんには懐かしい。
ワイにとっては新しくもどこか懐かしいサウンドやわ。

ここ最近の邦楽だと、Aimerの『RE:I AM』と争う良さ。
『今夜はブギー・バック』といい、CM効果やべぇわ・・・。
海の野菜、海の野菜、昆布をおいしく召し上がれ。

※追記
Aimerの『RE:I AM』って2013年の曲か。
時が経つの早すぎ・・・。




にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.