【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201302<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201304
電王戦第二局
サトシン負けてしまった(泣)
でもコンピュータとの対戦を受けた勇気に拍手。
ponanzaは貸し出しされなかったから研究も満足にできなかったなかで健闘したのは凄いと思う。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

『死にぞこないの青』/乙一


内容(「BOOK」データベースより)
飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。
先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、全部マサオのせいにするようになった。
クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、彼の前に「死にぞこない」の男の子が現れた。
ホラー界の俊英が放つ、書き下ろし長編小説。



羽田先生は自分の評価を保つためにマサオを生贄の羊にするのよな。
他の生徒の不満が全てマサオに向かうようにしたり。
自分の中では、アオのイメージが青鬼で固定されてしまった。
実写版とか見ると全然違うんだけれど。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

渡辺明三冠に
第38期棋王戦五番勝負第4局、渡辺さん勝利。
これで3勝1敗で郷田さんから棋王を奪取。
羽生さんも三冠なので史上初、三冠が二人という状態に。
渡辺さんは今敵無しって感じだから来期どれだけ勝てるのかが楽しみ。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

第四十八回クラン戦
最近不定期に数戦ずつやっていたのでまとめて更新します。

200勝達成後もコツコツ勝ちは伸ばしてましたが、それ以上に負けが増えていますw

207勝429敗。

ではまた。

slamdunk_ikegami20130303.jpg

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

電王戦第一局
先手の阿部四段が一手損角換わりで快勝!
コンピュータは恐ろしく強いものだと思っていたから良い意味で驚いた。
来週は佐藤四段とponanzaの対局。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

いよいよ明日、電王戦第一局
電王戦はプロ棋士とコンピュータが将棋で勝負する企画。
ここで電王戦を少しでも楽しく見られるように人間とコンピュータ将棋の戦いの歴史を書いていくかなw
将棋全然知らない人には難しくて、逆に詳しい人には細かく突っ込まれる気がするけどw

まず、一昔前はコンピュータは人間に全然勝てなかった。
何で勝てないかっていうと色々と理由があるんだけど。
とにかくプロ棋士どころかアマチュアの強い人にも歯が立たない時代がしばらく続いてたわけだな。

ところが10年くらい前に、ボナンザっていうコンピュータが画期的なシステムを引っさげて登場。
このボナンザっていうコンピュータが、コンピュータ将棋の世界一を決める大会で初出場、初優勝の快挙を遂げる。
そしてこの画期的なシステムの秘密を誰でも見られるようにネットで公開。
これを参考にした強いコンピュータが次々と作られて、コンピュータ将棋の進化が加速。

このボナンザが数年前、プロ棋士の渡辺明竜王と対戦。
今のコンピュータがどれだけプロ棋士に追いついているのかってことで注目された。
結果は渡辺竜王の勝ち。
でも、渡辺竜王に負けの筋があったのではと言われるくらいの接戦だったことでコンピュータは限りなく人間に近づいてきてるということが明らかに。

ここで大きな動きが。
プロ棋士がコンピュータに負けるとなると反響が大きいので、当時の日本将棋連盟会長、米長邦雄永世棋聖が公の場でのコンピュータとの対局を禁じるお触れを出す。
そのおかげで、プロ棋士とコンピュータの力関係がわからない期間がしばらく続いた。
もう人間を超えてるんじゃないか、コンピュータにプロは負けるのでは?などの声もあった。

んで、2012年1月、その禁を破り、遂に第一回電王戦が行われることに。
当時の会長だった米長さん自らがコンピュータの大会で優勝した機械と戦うことが決定。
米長さんは引退してしばらく経つけど、現役の時は一番強かった伝説の棋士。
その米長さんと、優勝コンピュータ「ボンクラーズ」が対局。
結果はコンピュータの勝ちで、人間が敗れることに。

そして今年、現役のプロ棋士5人と、コンピュータの大会の上位5つが団体戦を行うことに。
その第一局目が明日行われる阿部光瑠四段vs習甦ってわけだな。
現役の男性棋士は今までコンピュータに負けたことがないから凄いプレッシャーだと思うけど頑張ってほしいな。

自分もそこまで詳しいわけじゃないからすごくわかりにくい説明になってしまったw
とにかく人間側を応援します!

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

カワイイ! 縄文後期の猪形土製品・青森
カワイイ! 縄文後期の猪形土製品・青森
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20130319-OYT8T00420.htm

青森県弘前市立博物館所蔵の縄文後期の出土物「猪(いのしし)形土製品」=写真=の修理復元が終わり、18日、同市の葛西憲之市長に報告された。

 高さ約10センチ、長さ約18センチの猪形土製品は1960年、同市の十腰内遺跡から出土し、2011年に国重要文化財に指定された。

 出土後に修理された接合箇所に緩みがみられたことから、昨年6月、埼玉県の業者が復元にとりかかり、出土時から欠けていた右耳を付け、接合部も見えにくくした。

 来年4月に再開する市立博物館のオープニング展示に公開される予定で、葛西市長は「日本の宝として大事にしたい」と話していた。

(2013年3月19日 読売新聞)
20130319-121538-1-L.jpg

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

『扉の外』/土橋真二郎


内容(「BOOK」データベースより)
修学旅行に行くはずだった千葉紀之が目を覚ましたとき、そこは密室で、しかもクラス全員が同じ場所に閉じこめられていた。
訳もわからず呆然とする一行の前に、“人工知能ソフィア”を名乗る存在が現れる。
そのソフィアが示したのは唯一絶対のルール―“ソフィアに従うこと。
従っていれば生命は保証されること”。
だが、紀之は瞬間的な嫌悪感からソフィアからの庇護と呪縛を拒否してしまう。
紀之以外のクラスメイトはその“ルール”を受け入れ、“ルール”が支配する奇妙な日常がはじまった。
孤立した紀之はやがてひとつの決断を下すが…。
第13回電撃小説大賞「金賞」受賞作、登場。



友人が面白いからということで貸してくれた。
彼の解説によると、各組がそれぞれ民主主義だとか軍事主義を表しているらしい。
そんなことは全く気づかずに読んでいたが(笑)
紀之、時計外すのHAEEEEEEEEEEE。
最初にキャラクターの絵と解説があるからイメージがしやすいね。
外国の推理物とかだと、誰が誰か忘れてしまうことが多々あるし。
どうやら続編があるらしいんだけど、友人によると読まなくても良いらしい。
一応、本作だけでもキッチリとした終わりを迎えてる。
そして、続きを作れるようにもなってるw
ラノベは1巻で終わっても大丈夫なようになってるものが多い気がする。
売れたら2として続編を出すというスタイルが多いのかな。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

現役最強棋士渡辺明
渡辺さんNHK杯も羽生さんを倒して優勝。
竜王、王将、NHK杯、朝日杯を持ってて棋王戦も奪取にリーチ。
苦手とする棋士もほとんどいないし来年は名人挑戦するかも?
そしたら七冠も見えてくるのかな。

現在のタイトルを整理してみると
羽生さん 王位 王座 棋聖
渡辺さん 竜王 王将 (棋王)
森内さん 名人

こんな感じ。
今のタイトルを保持したまま名人、王位、王座、棋聖を取ると七冠達成か。
名人は羽生さんが挑戦者だから羽生さんか森内さんなんだよね。
まぁまだ若いしチャンスは十分あるということで。
渡辺さんは下からライバルが出てこないのがな。
できれば熱戦を繰り広げるライバルの存在があったほうが面白いんだけどな。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

遂に200勝達成
色々と仕様が変わりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょう?

本日、縄文鉄器は念願の200勝を達成することができました。

これも応援してくださる縄文各人のおかげです。

これからもお願いします。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

僕はクラン戦がしたいのに消火器が一緒に遊んでくれない
クラン戦は3人寄らないと意味がないので苦労しますね。

fae35e25.jpg

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

『国防』/石破茂


内容(「BOOK」データベースより)
国会議員きっての防衛政策通であり、長官在任日数歴代二位、第四代防衛大臣の著者だからこそ語れる「国防の基本」。
朝四時四〇分から始まる、長官時代の日常とは?北朝鮮の弾道ミサイルをどう防ぐのか?自衛隊のイラク派遣は正しかったのか?徴兵制は憲法違反なのか?日本のテロ対策は万全なのか?国民のあらゆる素朴な疑問に答える。
文庫用まえがき、あとがきを加えた決定版。



ゲルという愛称でもお馴染みの石破茂さんの著書。
国防についてわかりやすく書かれていて、入門書としては最適な本だと思う。
これでもかというくらいに平易な文章で書かれてるのが印象的。
国防と聞いただけでアレルギー反応を起こす人が多いからなのかな。
イラク戦争のところとか正直よくわからないけど、「国の数だけ正義がある」っていうのはその通りだと思う。
日本の自衛隊はポジティブリストだとか、兵器の種類だとか色々と縛りが多いみたいだね。
あと、防衛大臣の生活についてとか興味深かったな。
防衛大臣は地政学とか軍隊に詳しい人がやらないとダメだね。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

サイモンとガーファンクル
旧友という曲が空耳アワー年間大賞となって久しいですね。あの年の空耳は例年に比べると小粒という感じがしましたが、気のせいでしょうか。個人的にはギルバート・オサリバンのアローンアゲイン、快眠中だぞが一番好きでしたがこの曲はノミネートすらされなかったので意外でした。ちなみに僕は数年前のサイモンとガーファンクルの公演には行っていません。年齢的にあれが最後の日本公演だという見方が強いそうです。残念ですね。さて、サイモンと言えばサイモンバーチという映画があり、僕はこの映画は中学の授業で見ました。音楽室でした。内容についてはここでは触れませんが、長ったるい映画でした。あれは中学生が見て楽しめる映画ではないでしょう。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

GPS将棋に勝てたら100万円の参加者
GPSに勝てたら100万円の
参加者

県代表常連
有名生主
天下一将棋会の強豪
将棋倶楽部24有段者
新聞記者
高校生強豪
高校生選手権優勝
東大将棋部
支部名人
アマ王将
赤旗名人
中学生名人
アマ名人
アマ竜王
朝日アマ名人
元奨励会三段
他準優勝者や強豪多数

将棋倶楽部24で三段の人が参加したんだけど
ネタ勢扱いっていう・・・
将棋倶楽部24三段=アマ5段くらい
これがネタ参加扱いって恐ろしすぎるw
視聴者、凄い人出過ぎて感覚麻痺してるだろw

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

将棋界の一番長い日
羽生三冠が名人挑戦。
降級は高橋九段とハッシー。
谷川九段は順位の妙で残留。
深浦九段は4度目の正直で初のA級残留。

どの棋士も好きな自分としては見ていて辛いものがあるな。
これで50代のA級は谷川会長だけになってしまったな。

【第72期A級順位戦】 ※挑戦1名、降級2名
順 棋 士 名
01 森内or羽生
02 三浦弘行
03 郷田真隆
04 渡辺 明
05 屋敷伸之
06 佐藤康光
07 深浦康市
08 谷川浩司
09 行方尚史
10 久保利明

来年はこんな感じ。
なにこの鬼リーグ
これタニー絶対アカンやつやん
とか言われてるな。いやホントにその通りだと思うw
タイトル取ったことないのが行方さんだけというね。

B1の面子も凄いことになってるみたいだし今年以上に順位戦が楽しみだな。
改めてA級の凄さがわかったところで三浦八段にはGPS将棋に勝ってもらいたいね。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

『世界一わかりやすい株の本』/細野真宏


【目次】(「BOOK」データベースより)
第1回 上昇相場に騙されない「株式チャート」の読み方
第2回 プロにカモにされないための「情報」との接し方
第3回 個人投資家の“強み”を最大限に生かす「銘柄選別法」
第4回 “西武鉄道の上場廃止”に学ぶ「情報判断力」の磨き方
第5回 個人投資家に最も適している「中・長期投資」の考え方
第6回 株を売買する際の「原則」と「心構え」について



世界一わかりやすいという文句に惹かれて購入。
実戦編も合わせて読んでみた。
本当にわかりやすかったけど、株をやるつもりもないしその内忘れてしまうだろう(笑)

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.