【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
将棋電王戦FINAL 第5局 阿久津主税八段 vs AWAKE


ファンとしては衝撃的な結末。
何と言っても21手で終わってしまったのが寂しい。
対局が終わった後の巨瀬さんの態度は良くなかったね。
ルールの範疇なわけだから、棋士を叩くのは筋違いに感じたな。

まず、棋士とソフトという時点で、平等な勝負というのはありえない。
異種格闘技戦みたいなもんですな。
実際、異種格闘技戦でも、ルールの策定はかなり困難があると思う。
柔道対ボクシングなら、どういう服を着るかによって大きく勝負が変わるしね。
装備が全然違うし、その都合、共通のルールですらない(柔道側はあんまり殴ったりできない感じかな。)
こういう勝負のときには、結局ルールに従うしかない。
ボクシング選手が蹴りを使うのは、ボクシング選手としての流儀に反するんじゃないかとか言っても仕方がない。
ルールに定められているなら別だけれどね。
ということで、ルール第一で勝負するしかないんじゃないかなぁというところ。

電王戦の個人的に平等だと思うルール
①持ち時間8時間の2日以上制
秒読み15分ということで2日じゃ終わらない可能性がある。
その場合は3日目に突入するという2日以上制で対局。
これなら睡眠不測によるヒューマンエラーも起こらない。
人間が寝てる間もコンピュータは不眠で手を読む権利を有する。

②秒読みは15分
10分の考慮時間に継ぎ盤を並べたりする準備時間を5分加えて15分。

③継ぎ盤の使用可能
棋士側は継ぎ盤を使用して良い。
継ぎ盤の局面を正確にするためのサポートをする人がいても良いかもしれない。

④事前貸し出しは無し
但しプロ棋士側は対局するソフトが任意の棋士、あるいはソフトと指した棋譜をいくつか貰える。
とか言ってもけっこう難しい気がする。
とりあえず貸し出しはしないということで。

⑤PCのクラスタ化は禁止(スペックは時代によって柔軟に変える)
一応、人間1人vsコンピュータ1台ということで。
コンピュータ1台とはどのような状態なのか定義するのも難しいけれど。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.