【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
9.11の陰謀論を考える
世界経済はアメリカ人が操っている
世界経済はフリーメイソンが操っている
世界経済はユダヤ人が操ってる
世界経済はロックフェラーとロスチャイルドが操ってる
世界経済はレプティリアンがいる組織インキュナブラ が操ってる
ソースはアメリカの博物館やてw

あんまり陰謀論とか好きじゃないけどね。
陰謀論とか言うとうさんくさくなるけれど、陰謀がない作戦なんていうのはありえないわけで。



映像を見るとわかるけど、飛行機が衝突してああいうビルの崩れ方をするのはおかしい。
建物は鉄骨造なのかな。
飛行機が突っ込んだところの上からポッキリ折れて落ちるというのが一番ありがちな倒壊。
まっすぐしたに向かって落ちていくっていうのは爆弾でも仕掛けない限りちょっと考えにくい。
9.11はまるでビルの爆破解体みたいだったからね。

倒壊速度も冷えた鉄骨のところを同じ速度で崩れていくというのちょっと考えづらい。
いやほんと常識的に考えて。

ものすごく簡単に考えて
①建物の4隅に鉄の柱がたったビルがあったとします

②そこに飛行機が突っ込みました

③柱が損傷を受けました

どうなる?って考えれば、、、
柱が折れた方に、折れた階より上が傾いて倒れるわなw
下は関係ないですわ。
あるいはそのまんま横倒しになるかだね。
強度的にもやっぱり違いがあって、鉄骨で柱と梁を作っていたらそこの強度は高いハズ。
つまり床だけが落ちるというのも考えられる、建物の骨組み残したままね。
火災による熱で強度を失ったって話だったらそれこそ横に倒れるのよな。
温度にムラがあるから柔らかくなった部分と強度を保った部分の差で横に倒れる。



仮に自作自演とか、主流な陰謀論が存在したとして、何が狙いなのかはわからないけれどね。
金融といえばユダヤ人と言われるけれど。
その辺をターゲットにしつつそれを理由に中東の利権を確保したいという話なのかねぇ。
イラク戦争もアメリカの真の狙いはテロとの戦いじゃなかったって言われてるしね。
フセインが大量破壊兵器を保有している、アルカイダを支援しているというのは嘘だったと。
それで、実際のところは石油利権の確保とドル=基軸通貨を守るためだったのよな。
まあ趣旨がズレるから詳しくは書かないけど。

9.11の真相は闇の中だね。
そもそもテロってなんで起こるかというと戦争で勝てないからなんだよな。
自爆テロやってアルカイダが得をしたのかといえば実際得をしたようには思えないし。

これは自称イスラム(ISIS)にも言えることだと思うんだよな。
青山繁晴さんの解説とか聞いて納得はしたけどね。
青山さんによると自称イスラム国の目的は金。
空爆によって油田を破壊され、クルド人部隊に要衝を取り返され、資金難に陥った自称イスラム国が身代金ビジネスを始めたということらしい。
でも、冷静に、常識的に考えれば「自称イスラム国」に利益はあったのだろうか?
お金が目的だとすれば、あまりにも交渉がさっぱりしており、行き当たりばったり的。
先進諸国を自称イスラム国に対して結束させただけのように思う。
9.11はイラク戦争、アフガン戦争の引き金になったわけだけれど、自称イスラム国の事件が何かのきっかけになるのかなぁ。
まぁ、陰謀論なんていうのは、歴史の証明を待つほかないのだけれどね。

参考:
【動画あり】9.11 第七ビル崩壊の謎
http://matome.naver.jp/odai/2133535104028457301
ツインタワー崩壊の謎
http://www.911myreport.info/sub1.html
9.11同時多発テロはやっぱりアメリカの自作自演なんですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1453721529

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.