【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
『嘘だらけの日米近現代史』/倉山満


内容(「BOOK」データベースより)
リンカーンは極悪人、ウィルソンは狂人、ルーズベルトはスパイ、クリントンは破壊者etc.
ペリーを鼻であしらっていた江戸幕府。
アメリカを怯えさせた大日本帝国。
ソ連との片手間の中国との片手間のイギリスとの片手間に、アメリカの喧嘩を買った日本etc.
気鋭の憲政史研究者が本当の歴史を明らかにする。



チャンネル桜やCGSで知っていた倉山さん、通称:クララ。
倉山さんの歴史解説は通説を交えながら、その通説の間違いを指摘してくれててわかりやすい。
今まで読んだ本の中でも、『経済と国家がわかる国民の教養』/三橋貴明と並んでわかりやすかったな。
倉山さんと三橋さんは裁判沙汰になるくらい険悪な関係になってしまったようだけど(悲)

本書で興味深かったのはアメリカ建国についての歴史かなぁ。
ワシントンがアメリカ合衆国初代大統領っていう風に歴史が捻じ曲げられた経緯とか。
アメリカの歴代大統領に対する分析・解説もかなり面白い。
リンカーンが伝記で読んだような人じゃなかったり、クリントンが日本に対してわけわからないことしまくったり(笑)
あとは第二次大戦に向かってしまった日本・アメリカの裏にソ連のスパイがいたことについても書かれてた。
この件については倉山さんの先輩である上念さんが話していたのを聞いたことがあったんだけどね。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.