【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
『緋色の研究』/コナン・ドイル


内容(「BOOK」データベースより)
文学の知識―皆無、哲学の知識―皆無。
毒物に通暁し、古今の犯罪を知悉し、ヴァイオリンを巧みに奏する特異な人物シャーロック・ホームズが初めて世に出た、探偵小説の記念碑的作品。
ワトスンとホームズの出会いから、空家で発見された外傷のないアメリカ人の死体、そして第二の死体の発見…と、息つく間もなく事件が展開し、ホームズの超人的な推理力が発揮される。



原題『A Study in Scarlet』
世界中で愛されている、シャーロック・ホームズシリーズの第一作。
ホームズとワトスンの出会いと、その後起こる殺人事件を描く。
長編だけれど、文庫本で200頁くらいだからすぐに読み終わる。
本作のみワトスンが軍で負傷した箇所が左肩になってる(『四つの署名』以降は脚)。

初めてコスプレされたキャラクターとも言われるホームズ。
自分のホームズ像はジェレミー・ブレッドで固定されてるのよな。
これはロバート・ダウニー・Jr版やベネディクト・カンバーバッチ版を見ても覆らない(笑)

1295731933_0_20150802224900560.jpg

ストーリーの瑕疵
・警察は、第1の殺人事件の現場であるBrixton houseの所有者から一度も事情を聞いていない。
家の扉は施錠されていたのだから、第1の殺人事件の犯人は鍵を持っていたはずである。
そうなると、前にジェファースン・ポープの馬車に乗ってブリクストン通りの空き家を見にきた客が鍵を持っていたということで、その客が第1の候補となるはずである。

・また、ジェファースン・ホープが、自分のキャブがベイカー街221B番地に呼び出されたとき、何の疑いも抱かなかったことも不自然である(彼は同じ住所に老女に扮した友人を送り込んでいる)。
前日に金の指輪についての新聞記事を読んだ直後に、彼がその住所を忘れてしまうとは考えにくい。


前者の方は全然気づかなかったな。
言われてみれば確かにそうだけれど(笑)
後者は読んでいてアホだなぁと思ったところ。
まぁ、実際にベイカー街221B番地を訪れたのは協力者の方だったから納得してしまったけれど。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.