【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
『ひと目の角換わり』/長岡裕也


内容(「BOOK」データベースより)
序盤は手が広く、その中から数少ない好手を探し出すのは至難の業です。
本書で手順だけでなく「良い形」を覚え、まずはその形に組めることを目指しましょう。
角換わりの最大の魅力は抜群の攻撃力です。
主導権を一度も手放さず一気に攻め勝つのが一番です。
手持ちの角から繰り出される鋭い攻めを身に付けてください。
本書は、角換わりに不安を覚えている将棋ファンの、心強い相棒となるはずです。



タブ岡さんこと長岡五段による角換わりの定跡書。
自分にとっては3冊目のひと目シリーズ。
ひと目シリーズは次の一手形式で、読みやすいのが特徴。
角換わりを初めて指す人にとって最適な本になってると思う。
棒銀、早繰り銀の章は簡単だけど、腰掛け銀の章はやや長手数で盤があったほうが良いかも。



にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.