【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
『ハサミ男』/殊能将之


内容(「BOOK」データベースより)
美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。
三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。
自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。
「ハサミ男」は調査をはじめる。
精緻にして大胆な長編ミステリの傑作。



2013年に鬼籍に入られた殊能将之さんのデビュー作。
「叙述トリックがすごい度」だけで言えば、今まで読んだ本の中でも1番だったと思う。
面白い作品ではあったけれど、終盤の伏線回収が慌しいうえにちょっと苦しいか。
あとは登場人物にもう少し魅力があれば尚良しというところ。
探偵側が主人公じゃないから仕方ない部分もあるのだろうけれど。
個人的には満足したんで、特に不満があるわけではないことは書き添えておく(笑)

「叙述トリックがすごい」系のまとめサイトで紹介されてた本もこれで4冊目。
予備知識ゼロで読むべきと思いつつ、オススメされてるのを知らなければ読まなかったわけで。
5冊目に入るのはもう少し間を開けて、別ジャンルの本を読んでからにしようかな。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.