【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
将棋クエスト奮闘記 vs yuki99さん


先手の居飛車に対して後手の自分が四間飛車という対抗型の将棋に。
相手は端を受けてきたけれど、それでも穴熊にする人はけっこういるから藤井システム風の駒組み。
何度も書いてるけれど、藤井システムはほとんど知らない。
ただ、駒組みの段階で藤井システムを匂わせたら、警戒して急戦にしてくれるんじゃないかとね(笑)

実戦は玉頭に厚みを築くという珍しい形に。
つい、玉頭のことばかりを考えてしまって、角引きからの飛車先交換を許してしまった。
銀が浮き駒だから、△2二飛の返し技は厳密には成立してないという。
最も上手くいく例は△2二飛▲3三角成△2八飛成となって、その瞬間に金駒をただで取られない展開。
△2二飛に▲2五歩と支えて、次に角成から歩を伸ばす変化の場合はどうすんだっけな(汗)
『四間飛車を指しこなす本』に書いてあって、6筋7筋の歩を突くとかだったはずけど以下わからん。。。
最悪なのは、▲3三角成△2八飛とした瞬間に馬で浮いてる金駒を取られるパターン。
つまり今回のようなケース(笑)

44手目の桂打は悪手らしい。
最善は△5二金と銀を入手して、次に△5八銀打。
これは怖くてさせないなぁ。

50手目はクリックミスで成らずの飛び込みに。
成らずだと▲7九金と寄られて攻めが続かないなぁと読んでいただけに辛かった。
ただ、相手は▲7九金打と埋めてくれたんで、最悪の事態は避けられた。

終盤はもう勝ち目なかったんだけれど、怪しい手を指して逆転。
76手目とか▲同金と取られたらただ捨てなんだけど、多分思い出王手だと判断して読まずに取ったんじゃないかと。
おかげで頓死を誘発できたけれど、酷い将棋だったなぁ。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.