【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
世界遺産登録へ研究室 縄文遺跡群支援で札国際大 12日には記念講演
世界遺産登録へ研究室 縄文遺跡群支援で札国際大 12日には記念講演
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0280594.html

 「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を支援するため、札幌国際大(札幌市清田区)は縄文世界遺産研究室を開設した。12日には札幌市内で活動の第1弾として、記念の講演会「縄文遺跡群の世界遺産登録と活用」を開く。

 北海道、青森、秋田、岩手の縄文遺跡群で、三内丸山遺跡(青森市)やキウス周堤墓群(千歳市)など17遺跡がある。4道県は2018年の世界遺産登録を目指している。

 考古学研究と観光の研究に取り組んでいる同大は、研究室を4月1日付で置いた。昨年度まで同大教授として考古学を研究してきた越田賢一郎氏(68)が室長に就き、研究員2人と学芸員資格を持つスタッフの4人体制でスタートした。

 縄文遺跡の学術的な価値を分かりやすく発信し、観光事業や地域づくりに縄文遺跡を活用する方策を研究する。講演会は12日午後2時から札幌グランドホテル(中央区北1西4)で開く。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)日本政府代表部の大使として、富士山などの世界文化遺産登録に関わった千葉科学大の木曽功学長が講演する。越田室長らとのパネルディスカッションも行う。

 越田室長は「世界遺産登録につながるよう、地元に盛り上がりをつくる活動をしていきたい」と話す。

 入場無料で、希望者は直接会場へ。問い合わせは同研究室(電)011・881・2433へ。(門馬羊次)

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.