【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
江戸の絵図や縄文のやじり 中原図書館でパネル展
江戸の絵図や縄文のやじり 中原図書館でパネル展
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201610/CK2016102802000159.html

 川崎市立中原図書館(中原区小杉町)の多目的室で、同区を走る中原街道沿いや区内の遺跡を紹介するパネル展が開かれている。駅周辺の再開発が進み、大きく変貌する地元の歴史を知ってもらおうと、図書館と市教育委員会文化財課が企画した。11月6日まで。 (小形佳奈)
 ここ五年間に区内で発掘された「小杉御殿町遺跡第二・第三地点」(小杉御殿町一)、「井田いりの上遺跡第五地点」(井田三)と、中原街道沿いにあり、昨年三月に国史跡に指定された「橘樹官衙(たちばなかんが)遺跡群」(高津、宮前区)の出土品や発掘過程を写したパネルや、館所蔵の関連書籍を展示している。
 展示では小杉御殿町交差点でカギ形に曲がっている中原街道が、江戸時代の絵図でも同様に曲がっていることが分かる。また、井田で発掘された縄文時代の竪穴住居跡からは、川崎市内では採取できない黒曜石のやじりが見つかっており、遠方の黒曜石産出地との結び付きを示している。
 文化財課の担当者は、小杉御殿町、井田いりの上の両遺跡について「来年度に報告書がまとまり次第、出土品を市民に見てもらう機会をつくりたい」としている。


にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.