【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
解釈論
解釈論について。
映画や絵画や小説について、その作品の解釈論を読む機会があるが、
どうにもとらえ方が違うのではないかという疑問がある。



ありがちな解釈論の間違いは、作品を自己の意見を主張するためのツールとみなした上での解釈をしてしまうこと。
けれど、物語は得てしてそうは作られてはいないんじゃないかと。
それよりはむしろ、主人公をある特定の状態に置いたときの実験結果をいくつも考え、
その可能性のなかから成功した(あるいは失敗した)ケースを抜き取って作るケースが多いんじゃないかと思うのよな。
物語の過程を、結末に到達するまでのツールとして捉える人が多いんじゃないかというところですな。

『クロエの流儀』とか、そういう漫画もあるかもしれないけれど、基本的にはそういう作品は少ないと思う。
作っているほうから考えても、そんな設計主義的な作品を作っても何も面白味がないからね。
残念ながら、その発想で解釈をする人が多いんだけれど(笑)

多くの作品の作り手は、映画『バタフライエフェクト』のように、様々な結末を考えるんだと思う。
その無数にある結末の中から選ばれた一つが作品になるわけであって、
結末ありきに物語を考えるケースは少ないんじゃないかな。
だから、物語の解釈を結末から考えるというのは間違いにつながりやすいんじゃないかと思う次第。


にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.