【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』/コナン・ドイル

内容紹介
引退して田舎に引籠っていたホームズが、ドイツのスパイ逮捕に力を貸す、シリーズ中の異色作「最後の挨拶」。
ほかに、一人暮しの老婆のもとに塩漬けの耳が送られてくる「ボール箱」、姿を見せない下宿人と奇妙な新聞広告の謎を解く「赤い輪」、
国家機密である特殊潜航艇の設計図の盗難をめぐってホームズ兄弟が活躍する「ブルース・パティントン設計書」など全8編を収録。

ホームズ・シリーズの短編集。
「瀕死の探偵」は古典的で、本書の中では一番のお気に入り。
「ウィスタリア荘」、「悪魔の足」は事件がかなり衝撃的で良かった。
ホームズ作品だからこそ映えるのだけれど。

「最後の挨拶」は晩年のホームズが活躍する話し。
60歳くらいって書いてあったはず。
これも中々面白かった。
ただ、寂しさのほうが強かったかなぁ。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.