【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
古代文化に思いはせ 小矢部で桜町縄文まつり
古代文化に思いはせ 小矢部で桜町縄文まつり
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130908-00001858-kitanihon-l16

 「桜町縄文まつり」が7日、小矢部市の桜町JOMONパークで開かれた。石動幼稚園児による縄文土器太鼓の演奏など、縄文時代にちなんだ多彩な催しがあり、家族連れらでにぎわった。

 市教育委員会と、縄文時代をテーマに活動している5団体でつくる桜町縄文NET(山本護会長)が、地元の遺跡と縄文文化のすばらしさを多くの人に知ってもらい未来に伝えようと開催。今回が7回目となった。

 「森の音楽祭」と銘打ったステージ発表があり、園児18人が土器で作った太鼓や和太鼓を演奏。保護者らも加わり「縄文サンバ」を披露した。縄文こごみの会のメンバーは「縄文まつり踊り」を演じた。

 縄文体験コーナーでは、来場者が土偶・勾(まが)玉(たま)作りや弓矢による射的などを楽しんだ。コゴミやヒョウタンの漬物が入った「縄文焼きそば」の試食や古代米入りの餅まきもあった。

 家族6人で訪れた高橋蒼乃(その)さん(大谷小学校3年)は、木の棒を板のくぼみにこすりつける火起こしを体験し「煙を起こすだけで疲れた。縄文時代の人は大変だったんだなを思った」と話していた。

北日本新聞社

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.