【縄文鉄器】のブログです。 色々と書いてます。。。since 2012.9.12
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
ど忘れ
先日、レストランで流れていたジャンプとゴーウエスト。
ヴァンヘイレンとペットショップボーイズの名前が出てこなかった。
年齢的にももう記憶が薄れかけているのだろうか。
ここまで有名なアーティストも忘れるということは、
細かい記憶も気づかないうちに思い出せなくなってるんやろなぁ。




にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

レーティング6(半年ぶり2回目)
半年ぶりにやった時は成績よかったんだけれど、
先週行ったら01のSTATがガンガン下がってしまい、
レーティング6に落ちてしまった。

プロリーグ?やってて最初のお店は投げられなかったし、
運も実力もない感じですなぁ。
レーティング8が目標とはなんだったのか。


にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

Brahms : Hungarian Dance No. 5


ハンガリー舞曲第5番って、
英語だとHungarian Dance No. 5って言うのか。
マンボ No.5みたいやね。

最近聴いた中では、西本智実さん指揮のこいつがお気に入り。
別に西本智実さんが特別好きとかではないんだけれど。
そもそも数年前まで男性だと思ってたくらいだからな。

最初に聞いたハンガリー舞曲が比較的ゆっくりしていて、
ほぼ、この動画と同じテンポだったんじゃないかと思う。
一番最初に見たものを親と思っちゃうから、カラヤンのとか聴いてらんないですわ。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

エクス・マキナ

【ストーリー】

世界シェア率No.1の検索エンジンを運営するブルーブック社でプログラマーとして働くケイレブは、
巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さないCEO.ネイサンが所有する大自然の中の邸宅に、
1週間滞在するチャンスを得る。
人里離れたその地に到着したケイレブ。
彼を待っていたのは、ネイサンが極秘に開発した美しい女性型ロボット“エヴァ"に搭載された人工知能(AI)の
“チューリング・テスト"に協力するという、興味深くも不可思議な実験だった・・・。


amazonビデオで見れるところ、コレクションを優先して購入。
Blu-rayがほしかったんだけれど、DVDもセットになってるのしかなかった。
羽生さんの本を読んで人工知能の面白さに興味がでていたので、
かなり期待していたのだけれど、それを上回る面白さではなかった。

ただ、羽生さんの本の内容が知識としてあったからこそ楽しめたという部分は多かった。
知性を持つかテストする際に「チェス・コンピュータにチェスをさせても意味はない」とか。
「中国語の部屋」とか映画にも出てきた「メアリーの部屋」とかやっぱり面白い。

この映画で特に感じたのは(羽生さんの受け売りになるけれど)、
優れたAIの思考は人間の理解を超えてしまう為、ブラックボックスになる。
そういう怖さをうまく表現した映画だったんじゃないかなぁと。
『2001年宇宙の旅』のHALだっけ?の怖さとも共通してますな。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

タスク管理(物欲)
タスク管理&備忘録。
次の更新は何かを達成した時にしたいw

[DONE]iQOSほしい
[DONE]Tカード切り替え
[----]サバゲ用ゴーグルほしい
[----]サバゲ用ハンドガンほしい
[----]本&Blu-ray消化
[----]未納の年金支払い(残17ヶ月)
[----]ゲーミングPCほしい
[----]iPhone6アプリ再DL(amazon関連)
[----]iPhone7機種変更(10月で2年)
[----]ティーポットほしい
[----]ティーカップほしい
[----]無印良品のコーヒーメーカーほしい
[----]引っ越したい

サバゲ―用のゴーグルは必要。
今のはやたら曇るので、メッシュのがほしい。
それ以外のサバゲ―グッズは金があれば・・・。

iPhone6のストレージ不足が深刻。
てか、後からストレージ増やすことできないんだから、
もう少し容量大きいの買っておくべきだった。
今度の10月で2年だから機種変更には良いタイミングか。
ストレージ以外は全く問題なく使えているから、
少しもったいないという気持ちもありつつ。

豆から挽けるコーヒーメーカー
https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738398165

無印良品のコーヒーメーカー。
テレビで話題になったんでしょう、
現状、「お取り扱いなし」になってるもよう。
自分もテレビで見ていてほしくなった勢なんだけれど、
最近、職場でドリップコーヒーの素晴らしさに感銘を受けたので、
是非ともこのコーヒーメーカーで毎日飲みたいなと。

全ては金さえあれば叶う。
世の中、金か?

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

80kgという現実
夜、久しぶりに体重計に乗ったら79.5kgだった。
ほとんど食べずにこの体重だったのだから、昨日は80kgあっただろうね。

ここ数日は調子乗ってお米を大量に食べたり、
ドーナツやポテチを大量に買い込んだりしてしまった。
ポイントカードの影響でマックやローソン、ファミマに行くことが増えたのが良くなかった。
ポケモンGOがタマゴくらいしか新ポケモンをゲットできない状態なのも痛い。
筋トレも最近は疲れてやらないという豚っぷり。

3月後半からは意識を変えて頑張りたいんだけれど、
何のために辛い思いしながらダイエット&筋トレしてるんだっけ?

「目標を見失うな」

debu1_20170116215336f61.png

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

大脱走

第2次世界大戦下、脱走不可能といわれていたドイツの第3空軍捕虜収容所から、連合軍将兵250人が集団脱走を計画、実行した!
この信じられないような史実を『荒野の七人』の巨匠ジョン・スタージェスが豪華オールスター・キャストを配して映画化。
収容所の中で3本のトンネルを掘りながら、脱走後の身分証明書、衣類等を調達する捕虜たち。
脱走の意思を秘め、壁に向かってキャッチボールを繰り返すマックィーン。
有名なエルマー・バーンスタインの『大脱走のマーチ』の音楽がさらに作品を盛り上げる。

不朽の名作をBlu-rayで購入。
数ある映画の中でも『シャッターアイランド』と並んで好きな作品。
映画館でも見たし、DVDも持っているんだけれどね。

こういう何度も見てる映画だとBlu-rayの画質は綺麗だと感じる。
マックィーンのバイクでの疾走シーンが有名だけれど、
むしろ面白いのは序盤~中盤のトンネル掘りですな。
各々が得意な技術で脱走の準備をするというのが最高にワクワクする。

脱出したあとの展開はかなり切ない。
測量をミスったカベンディッシュはズッコケるし、
仕立屋のグリフィスはド短気で穴から出てからの最速「ドントシュート!」
一番切ないのは、情報屋のマックが「グッドラック」につい「サンキュー」と返してしまうシーン。
収容所での練習で「初歩的な罠だ」って教えていたのはマックなのに・・・。

個人的に好きなシーンを書いておこう。

排水口のトンネルを大急ぎで塞いだ時のやり取り。
看守「何をしとる。」
ウイリー「お掃除。」
ダニー「シャワーを浴びてる。」
セジウィック「俺は水難救助員だ。」

ヒルツがロジャーたちと別の脱走を計画していることについて。
マック「監視が厳しくなる。」
ロジャー「どうかな。あんまり静かすぎるのも―かえって疑惑を招くしな。」

脱走した仲間(ロジャー含む)がゲシュタポに銃殺されたことを知った時のセリフ。
ラムゼイ「ロジャーの狙いである後方かく乱は成功した。」
ヘンドリー「価値があったかな。」
ラムゼイ「考え方次第だ。」

収容所に戻されたヒルツと、脱走を防げなかった責任で所長を解任されたルーガーの会話。
ヒルツ「とばされるのか。」
ルーガー「君は運が良い。」
ヒルツ「捕まったのに?」
(すぐさま仲間が殺されたことを悟り)
ヒルツ「何人だ。」
ルーガー「50人。」

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

マクドナルド・オリジナルdポイントカード
images_20170317225901977.jpg

マクドナルド行ったら配ってた。
ハンバーガーのデザインのdポイントカード。
もう、デブチョコボたちはこのカードで毎日マックでしょ。
今ならコーヒー無料券も貰えまっせ。
※僕は既に3枚GETしてます

ちなみにポイント5倍になるってことだけれど、
キャンペーン分の加算は後日付与なので注意。

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

制限選挙BOX

総選挙は初登場から数回は盛り上がりが凄かったなぁ。
まぁ、持ってない武器あるなら買っても損しないと思うが。
おじちゃんは持ってる武器が出る呪いにかかってるから開けません。

縄文鉄器はこれからものんびりAVA界を観察していきます。

95611608.gif

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

『人工知能の核心』/羽生善治 , NHKスペシャル取材班

内容紹介
人間にしかできないことは何か

二〇一六年三月、人工知能の囲碁プログラム「アルファ碁」が世界ランクの棋士を破った。
羽生善治は、その勝利の要因を、「人工知能が、人間と同じ“引き算"の思考を始めた」とする。
もはや人間は人工知能に勝てないのか。
しかし、そもそも勝たなくてはいけないのか─。

NHKスペシャル『天使か悪魔か─』の取材をもとに、その先を描く。
天才棋士が人工知能と真正面から向き合い、その核心に迫る、“人工知能本"の決定版。


羽生善治という天才から見た人工知能の「今」と「これから」をわかりやすい文章で綴った本。
NHKスペシャルの番組ではあまり羽生さんの考え方について放送されなかった記憶があるので、
羽生ファンにはこちらの本をお読みいただきたい(笑)

羽生さんの寛容であり本質に切り込む鋭い視点は流石というところ。
デミス・ハサビスをはじめとした人工知能研究家の考え方や取り組みを広く浅く紹介した上で、
コンピュータが得意なことや苦手なこと、進化の速さやブレイクスルーが必要だと考えられる事項を、
羽生善治という翻訳機によってわかりやすく伝えることに成功していると思う。

ただ、人工知能の仕組みを深く掘り下げるという内容ではないことにはご注意いただきたい。
まぁ、そういうの読みたいなら学術論文とか読めば良いわけで、
本書の意義とか役割はしっかりと果たしているのは間違いないと思うけれど。
というか、専門的なこと書かれてても理解できないだろうしな(笑)

にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.